« 2004年01月 | メイン | 2004年03月 »

2004年02月29日

連合会議宴会

連合会議宴会からの速報です。

来年の連合会議宴会は、2月5~6日。
場所は大阪です。

G-CONのプログレスレポート2号の準備はほぼ完了。
3月中には発行される見込みです。
この号には星雲賞の投票用紙は含まれず、5月ごろ発行の3号になる見込みです。

投稿者 Ikeda : 04:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月28日

シーガイア

宮崎のシーガイアはSF大会にぴったり。
コンベンションセンターは広くて安いし、隣のシェラトンは700室。
欠点は、駅や空港から遠いことぐらいです。

ここみたいな経営破綻した第三セクターがねらい目か?

投稿者 Ikeda : 01:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月25日

明日から出張

宮崎に行ってきます。
その後は連合会議宴会に参加。
更新がしばらく遅れます。

80.1kg 31.4%

投稿者 Ikeda : 23:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月24日

ぼつぼつ

ドンブラコンへの申し込みが届きつつあります。
今のところ、全てが郵便振替。
やはりネット送金は不安なのでしょうか。

受付確認は、今のところプログレスレポート2号を見て申し込んだ人と一緒に発送する予定です。
それが待てない方については、メールで返事をいたしますのでご連絡ください。


79.9kg 34.5%

投稿者 Ikeda : 23:42 | コメント (0) | トラックバック

入稿完了

昨日、G-CONのプログレスレポートの担当者と会って、プログレスレポート用の案内を無事入稿しました。
提携宿泊企画のれふこんもCON-PACKもすでに入稿済みでした。
担当者の方は私と別れた後も別の人のところに原稿取りに走るとのことで、ほんとにお疲れ様です。

投稿者 Ikeda : 13:18 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月23日

NH7105

全日空から連絡があり、ボストンからの帰りの飛行機が、8:45発だったものがフライトスケジュール変更で7:15になったとのこと。
代替便を探したけれど、残念ながら都合の良い便はみつからず。
てことは6時には空港に着かないとまずいってことで、ホテルのチェックアウトは5時ですか!?

投稿者 Ikeda : 10:12 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月22日

都の西北

今日は、2005年と2007年の会議に出てきました。
2007年は、先に速報したとおり正式に立候補しました。
ゲストオブオナーの選定や、誘致運動の最終フェーズをどうしていくかについて、熱い議論が交わされました。
2005年は案内書の編集作業が動き始めました。

で、問題だったのが会議の場所です。いつもの如く早稲田のとある喫茶店で行ったのですが、いつもと大きく違っていることがありました。
今日は早稲田大学の入試だったのです。おかげで喫茶店を出ると人・人・人。
えらい目に遭いました。

次回の会議の予定は次のとおりです。
2005年は、3月14日。
2007年は、3月21日。
場所は未定ですが、判明し次第この日記でお知らせします。

80.3kg 30.3%

投稿者 Ikeda : 23:45 | コメント (0) | トラックバック

2006続報2

幹部の方より直々にメールをいただきました。
内容は以下のとおりです。

> 現時点での公開可能情報は、
>
> 開催時期:2006/7/15~17 海の日を含む土~月
> 開催地:気仙沼
> で、交渉中です。

80.2kg

投稿者 Ikeda : 12:32 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月19日

2006続報

早く知りたい人は、スタッフになりましょう。

投稿者 Ikeda : 11:29 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月18日

2006速報

日程と場所が決まりました。
詳細については、公式サイトでの発表をお待ちください。
http://sendai.cool.ne.jp/sf2006/

投稿者 Ikeda : 10:09 | コメント (0) | トラックバック

鵜飼娘

鵜飼娘のイラストレーターについて問い合わせがありました。
下記のサイトをごらんください。
http://julian.littlestar.jp/

投稿者 Ikeda : 10:03 | コメント (0) | トラックバック

2007速報

2月16日に2007年ワールドコン立候補の届け出が正式に出されました。
次回のワールドコンスタッフ会議は2/22です。
詳細はそこで説明があるものと思われます。
http://www.nippon2007.org/

投稿者 Ikeda : 09:55 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月17日

プログレス2

昨日、G-CONの編集担当にプログレスレポートの原稿を渡しました。
締め切りまで時間がかなりあったので、レイアウトなどについて打ち合わせを
することができ、修正したものを後日提出することとなりました。
今回もそうでしたが直接会って話しをすると個々の担当者はみんないい人なんです。
一生懸命頑張っているのが伝わってきます。
なのに、なぜ……

ドンブラコンはG-CONを暖かく見守っていきます。

投稿者 Ikeda : 10:50 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月15日

プログレス原稿

プログレスレポートに掲載する原稿ができました。
image2.gif
月曜日に実行委員会に送付します。

78.6kg

投稿者 Ikeda : 23:07 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月13日

お騒がせしました

目的は達成しました。
ネガティブキャンペーンが過去にあったことは充分承知していますし、
いつものわたしでしたら書き込みはせずに静観するところです。
普段からそんなことをしていたら、憲兵総監とか熊倉さんとかの話が
出るたびに騒がないといけないです。

連合会議とワールドコンに触れなければ放っておいたんですが、その
両方ズバリにあたってしまったことが不運だったということでしょう。
そこは色々思うところがあったということで察してください。

そのへんを聞きたい人は、連合会議宴会で私を酔わせてください。

78.9kg 34.9%

昨日から今日にかけてのアクセスログは大笑いでした。
ime.nu から串も刺さずに飛んできて、日記を必死に一から順番に読んでいる人がいるんだもの。
しかも今まで一度もアクセスがなかった経路から。
その後は同じIPから私が名前を出しているほかのサイトに「池田武」で検索をして飛んでくるし。
それより笑えたのは、ime.nu経由よりも「沖縄ツーリスト」で検索して飛んでくる人のほうが多いこと。
やっぱり沖縄ツーリストは偉大です。

投稿者 Ikeda : 00:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月12日

書いたよ

レス番号 650,651

投稿者 Ikeda : 20:07 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月11日

追記

スレッドのレス番号 645,646 は私のものです。
以後も私が実名で発言した場合には、レス番号をこの日記に書きます。

投稿者 Ikeda : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

ここを見ているであろう2ちゃんねらーに告ぐ

2ちゃんねるのスレッド「その名はG-CON」が妙なことになっています。
いつものG-CON批判・熊倉批判・カプリ批判から、連合会議とワールドコン関係者を中傷するものになりつつあります。

そして、スレッド中で議長を解任しようとしているとされている人物に対しては、今までの揶揄するような内容と違い明らかに敵意を持った書き込みがなされております。

この人物が私と面識があり、ナイアガラで一緒に舟に乗ったこともある人物であることが容易に推測される事態にあたっては黙っていることはできません。

また連合会議会議の関係者としても2007年のワールドコン誘致を応援する立場としても断じて許すわけには行きません。

これに対して何かいいたいことがあるのならば、この日記にレスをつけていただければ結構です。
直接話がしたいのならば、私は自分のメールアドレスも住所も公開しています。
今週の土曜日は「駒八会」にいます。
28日は「連合会議宴会」にいます。

79.3kg 33.4%

投稿者 Ikeda : 23:09 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月08日

もちろん

ドンブラコン参加者には、シールを発行します。

80.4kg 36.9%

投稿者 Ikeda : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月07日

シール企画

ある掲示板で、シール企画の実施について批判がありました。
私はドンブラコンだけではなくシール企画の首謀者の一人ですが、ドンブラコンと同じでやりたいからやっているだけです。
シール企画はドンブラコンと同様に大会の運営そのものにかかわることですから、通常のルートでは話を通すこともままなりません。
企画を通すのに必要ならば、渉外担当だろうが企画担当だろうがオブザーバーだろうが使えるコネや手段は何でも使います。
私はドンブラコンでそうしました。シール企画の提出者もそうしただけのことでしょう。
シール企画をオブザーバーがねじこんだというのならば、ドンブラコンはオブザーバーを含むもっと多数の方向からねじ込んだといえるでしょう。
そうでもしなければ、SF大会ではやりたいことができません。
みんなも規模の大小はあれやっていることでしょう。
それの何処が悪いですか。

8.9kg 30.2%

投稿者 Ikeda : 22:31 | コメント (0) | トラックバック

2004年02月03日

ぶひぶひ

なかなか痩せない。
78.9kg 31.4%

投稿者 Ikeda : 02:34 | コメント (0) | トラックバック